日本クレジットカード協会は一般の私たちとどんな関わりがあるのか?

MENU

日本クレジットカード協会は私たちとどんな関わりがあるのか?

日本クレジットカード協会、通称JCCAという団体について知っていますか?
クレジットカードを使う人ならば、誰もがこの協会の活動の恩恵を、少なからず受けているものです。
そこでここでは日本クレジット協会について詳しく調べていきたいト思います。

 

30年を迎える歴史

日本のクレジットカード社会を、健全な形で進歩させるために作られた協会です。
主に銀行系クレジットカード会社によって、昭和59年に作られたのをきっかけに
今に至るまで、活動を行っています。今のクレジットカード社会の推進に励んできたいのです。

 

今の社会とクレジットカード

クレジットカード社会の健全な発展を目的に作られた日本クレジットカード協会ですが、
今クレジットカードの持つ役割が非常に大きなものになっています。

 

たとえば情報通信技術の発展によって、PCやスマートフォンやタブレット端末などによって、
クレジットカードを使ったショッピングがネット上で行われるようになりました。
インターネットによるキャッシュレス化の流れは加速度を増しいます。
クレジットカードビジネスは、新たな成長を続けているのです。

 

日本クレジットカード協会の設立目的

日本クレジットカード協会の目的は、クレジットカード事業の健全な発展を図るとともに、
国民の消費生活の向上と利便に貢献するということで、設立されました。

 

日本クレジットカード協会の事業内容

日本クレジットカード協会のHPには、以下の5つの事業内容を行っています。
クレジットカード事業に関する調査および研究、クレジットカード事業に関する
広報およびPR活動、クレジットカード事業の改善と発展に関する意見の
発表ならびにその推進、関係官庁、金融機関その他内外諸団体との連絡、
意見具申等、その他本会の目的達成に必要な事業です。

 

日本クレジットカード協会と一般のクレジットカード利用者はどのように関係があるの?

ここで大きな問題となるのが、一般のクレジットカード利用者とこの協会の関係です。
一番関係のあるものとして、クレジットカードの不正使用を防いでくれます。

 

さらにクレジットカードを使える店舗を広げるなど、利用者がもっとクレジットカードを
使いやすいように環境を整えてくれます。簡単に言うともっと安心して便利に
クレジットカードを使えるように、環境を整備してくれるのです。