クレジットカードのルールとは

MENU

クレジットカードのルールとは

日本クレジットカード協会は、クレジットカード社会の 健全な発展を目的に設立された協会です。
そんな協会が進めるクレジットカードのルールについて、考えてみましょう。
知っているようで、案外見落としがちなポイントもあります。

 

クレジットカードのルールの基本

基本は、やはりしっかりプランをして利用することです。
クレジットカードは後で請求が来るために思ってもいない金額が請求されることもあります。
無理しないことが、大切です。請求のことを考えて利用しましょう。

 

クレジットカードの利用は計画的に行います。
クレジットの月々の支払いの限度の目安として、所得の20〜25%を目安にしておきましょう。

 

支払期日はしっかり守る

支払期日に遅れてしまうと遅延損害金を支払うだけではなく、信用問題にも関係してきます。
最悪の場合は、クレジットカードの利用ができなくなる場合があります。
約束をした支払期日は、きちんと守るようにしましょう。
これはクレジットカードを持っているものの責任です。

 

利用限度額を念頭に入れる

クレジットカードを利用する時は、自分の利用限度額をしっかり知っておく必要があります。
限度額を超えた場合は使用できないことがあります。限度額が超えるとわかっているときには、
あらかじめカード発行会社に相談することができます。自分のカードの限度額を知っていますか?

 

会員規約を知っておく

読むのが面倒に思えるクレジットカードの会員規約ですが、
実はとても重要な情報が記載されています。

 

クレジットカードの申込時には、しっかりと読んで内容を把握しておきましょう。
分らないことがあるならば、会社に問い合わせるようにします。
このような場合には、必ずカード会社から説明を受けるようにしましょう。

 

クレジットカードの貸し借りをおこなわない

クレジットカードは名義人以外の利用はできません。たとえ家族でもそれは同じです。
たとえば他人に貸したカードでのトラブルは、自分の責任になります。
ですのでしっかりと注意して、貸し借りは行わないようにしましょう。
基本のように思えますが、意外とこの貸し借りは行われているものです。
しっかりと自分のクレジットカードを守っていきましょう。

 

クレジットカードを使用するのには、ルールを守る必要があります。
ルールを守るためには、そのルールを知る必要があります。
しっかりとクレジットカードの使用ルールを知ってください。